1st Draft Report: 中野 圭貴(大阪)

  • Print
Author Image

中野 圭貴のドラフトに注目!
さて、このプロツアー京都から、構築とリミテッドのジグザグフォーマットという、まさに盆と正月が同時にきたようなプロツアーとなった。

というわけで、初日スタンダード4ラウンドが終了し、ここからアラーラの断片×2+コンフラックス×1によるブースタードラフト3ラウンドがスタートする。

そこで、ここでは最新環境ドラフトのピックレポートをお送りしよう。

ぜひともスタンダードラウンドを全勝したプレイヤーのピックを追いかけたい所。

スタンダードラウンドを全勝で折り返したプレイヤーの中には、「鬼神」八十岡 翔太(東京)や、「華麗なる天才」小室 修(東京)といった非常に魅力的なプレイヤーがいるのだが、ここはぜひとも今シーズンもっとも活躍して欲しいプレイヤーである「スカージ」こと中野 圭貴(大阪)のピックを追いかけていきたいと思う。

さて、ここのところ、筆者の記事ではやけに中野をプッシュしているという印象があるが、中野をプッシュしているのは筆者だけでなく、津村 健志(広島)や大塚 高太郎(神奈川)といったプレイヤーたちも、「安定感のあるプレイヤー」として中野の名前を挙げている。

と、そんな安定感のある中野の、安定感あるピックを追いかけていきたい。

■Pack 1 / Shards of Alara

1st Pick:《ロウクスの突撃者/Rhox Charger

さて、いわゆるイチのイチ、最初のピックからであるが、これがちょっと注目のピックである。

というのも、このパックのレアが、強力レア《血流を飲む者/Vein Drinker》だったのだ。

この強力レアをスルーして《ロウクスの突撃者》をピックした理由を聞いてみた。

中野 「正直、赤黒系はやりたくないんで、下に押しつけた形です」

という。赤と黒はクリーチャーの質が低く、たとえ除去をとったとしても、盤面を維持するためには、普段ならどうでもいいようなレベルのクリーチャーですら除去しなければならず、相対的に除去の価値が下がってしまう、というのがその理由だという。

中野 「といっても、普段ならとってますけどね。練習の時には色々試した方がいいですから。で、みんながやっていた中でも強力だった戦略をPTではパクっていこうかと」

ちなみに、パクりたい...もとい、やりたい断片はナヤとエスパーだという。

2nd Pick:《塔のガーゴイル/Tower Gargoyle

その言葉の通り、2枚目には《塔のガーゴイル》をピックし、ナヤとエスパーの2択の状況を作り上げる。

3rd Pick:《シーリアのエルフ/Cylian Elf

さて、ここで中野は《魂の火/Soul’s Fire》をスルーして《シーリアのエルフ》をピックしている。この段階でならば、断然《シーリアのエルフ》の方が優先だという。

こうしてナヤ方向へのピックが進んだ中野は、その方向でピックを進めていくことになる。

4th Pick:《長毛のソクター/Woolly Thoctar
5th Pick:《アニマのドルイド/Druid of the Anima
6th Pick:《ジャングルの祭殿/Jungle Shrine
7th Pick:《圧倒する咆哮/Resounding Roar
8th Pick:《印章の祝福/Sigil Blessing
9th Pick:《切り裂き隊の壊し屋/Rip-Clan Crasher

というわけで、《切り裂き隊の壊し屋/Rip-Clan Crasher》が一周してきたことで、赤緑系が完全に開いていると判断した中野。

ちなみに、この後の11手目でも《切り裂き隊の壊し屋》をピックできており、全体的に中野のピック方針に対して追い風な卓となっているようだ。

■2nd Pack / Shards of Alara

1st Pick:《野生のナカティル/Wild Nacatl

これは、見えたとたんに速攻ピックしていたのが非常に印象的だ。

中野 「《野生のナカティル/Wild Nacatl》はまったく迷う余地なかったですね」

2nd Pick:《魂の火/Soul’s Fire
3rd Pick:《アクラサの従者/Akrasan Squire
4th Pick:《アニマのドルイド/Druid of the Anima
5th Pick:《ジャンドの戦闘魔道士/Jund Battlemage
6th Pick:《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos

中野 「この順目で《イーオスのレインジャー》ピックできたのはラッキーでしたね。せっかくなので本当はもう一体くらい《アクラサの従者》のような1マナクリーチャーをピックしたかったですけど、無理でしたね。残念です」

7th Pick:《災いの悪魔/Scourge Devil
8th Pick:《天使歌/Angelsong
9th Pick:《軟泥の庭/Ooze Garden

中野 「結構下にパワーカード流したんで逆回り期待したんですけど、思ったより流れてきませんでしたね」

■3rd Pack / Conflux

1st Pick:《クラニオセロス/Kranioceros

この3パック目の初手も、《クラニオセロス》と《暴食するスライム/Gluttonous Slime》とで悩んだ結果で《クラニオセロス》をピックするほどパックに恵まれなかった中野。

しかし、実は中野に対して向かい風だったパックは中野のパックのみで、ここから中野は驚くほど強力なカードをピックしていく。

2nd Pick:《ヴィーアシーノの殺戮士/Viashino Slaughtermaster

中野 「こいつは好きですね。特に賛美と組み合わさると強力です。2マナ先制攻撃。もしくはパワー4になるのは強力です。正直、賛美さえあれば、黒マナがでなくても問題内ですね」

3rd Pick:《エイヴンの従者/Aven Squire

中野 「(同じパックにあった《燃えさしの織り手/Ember Weaver》と比べて)なので、賛美を優先しましたね。単純なカードパワーだったら、《燃えさしの織り手》かもしれないですけど...3パック目のカードを点数だけで評価するのはナンセンスなような気がします」

4th Pick:《燃えさしの織り手/Ember Weaver
5th Pick:《燃えさしの織り手/Ember Weaver
6th Pick:《燃えさしの織り手/Ember Weaver

などと言っていたら、ここで3枚連続での《燃えさしの織り手/Ember Weaver》となった。

7th Pick:《ヴィーアシーノの殺戮士/Viashino Slaughtermaster

中野 「2枚目をこの順目にとれたのは嬉しいです」

8th Pick:《ヴァレロンの異国者/Valeron Outlander
9th Pick:《マナ力の鎚鉾/Manaforce Mace

さて、こうして完成した中野のデックは、普段は謙遜が多い本人でも「これは結構強そう」と評価するほどの自信作である。

実際、Round 5のGabriel Nasiff戦は、相手の事故に対して一気に攻める形で勝利を収めている。

この中野の推し進めたマナコストの低いカードをとり戦略は、色マナを揃えるために序盤がもたつきやすいアラーラドラフト環境では非常に強力である。

機会があれば、明日、さらにこの方法をご紹介できれば、と思う。

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator