Round 13

  • Print
Author Image

山本 明聖(和歌山) vs. 藤本 太一(東京)

ここまで2敗と2敗1分けのエルフ(藤本)対赤白GAPPO(山本)の対決。両者ともに人生初となるプロツアーベストエイト入賞をかけての戦いだ。

Game 1

後手の山本が1ターン目《運命の大立者/Figure of Destiny》、2ターン目 《モグの狂信者/Mogg Fanatic》と並べてくるのに対して、先手藤本は2ターン目《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》から3ターン目に《思考囲い/Thoughtseize》という流れの初動。手札破壊にレスポンスでの《流刑への道/Path to Exile》が《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》に使われる。

山本が《運命の大立者/Figure of Destiny》を4/4にして《モグの狂信者/Mogg Fanatic》との2体アタックで藤本の残りライフが14。そのかえしのターンに藤本は《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》を召喚する。このしもべは《運命の大立者/Figure of Destiny》と相打ち。

ここで藤本が《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》から《護民官の道探し/Civic Wayfinder》を場に召喚する。場には2枚の《樹上の村/Treetop Village》とパワーは十分。カウンターが4つの《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》に《モグの狂信者/Mogg Fanatic》を飛ばし、プラス《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》のダメージ能力で《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を破壊するアクションの山本。藤本が返すターンの《護民官の道探し/Civic Wayfinder》の攻撃で、今度は山本の《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》も破壊される。

ここから2体目の《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》と《護民官の道探し/Civic Wayfinder》を加え、山本は押せ押せムード。藤本は《運命の大立者/Figure of Destiny》を召喚するのみで、まもなく、2体の《樹上の村/Treetop Village》の村との総攻撃であっというまにライフを削りきった。

山本 0-1 藤本

Game 2

2本目先攻は山本。お互いマリガンはなく、1ターン目のアクションが《モグの狂信者/Mogg Fanatic》召喚と《思考囲い/Thoughtseize》。ここで明かされた山本のハンドには2枚の《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》と《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》、《目覚ましヒバリ/Reveillark》という内容。悩んだ末に《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を捨てさせる。

3ターン目に《護民官の道探し/Civic Wayfinder》で始めてのクリーチャーを出す藤本。返すターンに《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を山本がプレイ。またも《護民官の道探し/Civic Wayfinder》を場に出す藤本に対し、山本が《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》で攻撃。これは《護民官の道探し/Civic Wayfinder》の2体ブロックから相打ちに。そして《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》が藤本の場に追加される。

《護民官の道探し/Civic Wayfinder》2体、《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》と良い場の藤本に対し、山本は《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を召喚する。これに対して藤本は《叫び大口/Shriekmaw》で《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を除去するが・・・ここの返しで山本が手札に2枚抱えている《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》をプレイし、能力使用で《叫び大口/Shriekmaw》を除去する。

7ターン目に長考する藤本。迷った末に2体の《護民官の道探し/Civic Wayfinder》と《レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher》で《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》を壊しにかかるも全部ブロックされてしまう。藤本は追い打ちの《ハリケーン/Hurricane》で《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》を壊し、《くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique》で《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をリムーブし、トークン3匹を場に出す。

場に1体の《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》だけとなってしまってキツい山本だったが、《幽体の行列/Spectral Procession》プレイで3体のトークンを場に出す。《風立ての高地/Windbrisk Heights》が2枚ある山本にとって、これはかなり良い展開だ。もちろん、藤本が《雲打ち/Cloudthresher》などをもっていなければ、だが。

そして、ここで藤本がもっていたのが《ハリケーン/Hurricane》。X=5点で打ち、これで山本のライフが18で藤本が8。山本は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をプレイしてつつ、藤本のトークン軍団の総攻撃を全て受けて山本のライフは9に。ここで山本は手札に温存していた2枚目の《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》を場に出す。

さらに、しばらく悩んだ末に《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》で《護民官の道探し/Civic Wayfinder》を除去して《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》でアタック。

しかし、負けじと藤本も返すターンの総攻撃を仕掛け、《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》は破壊されライフは6に。藤本は2体の《貴族の教主/Noble Hierarch》を場に出す。対する山本も《目覚ましヒバリ/Reveillark》、《運命の大立者/Figure of Destiny》と並べて・・・ここでお互い手札がゼロになった。

そして引いてきたのは《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》。
一気に藤本有利の場になる。

トークン1体でのアタックは《目覚ましヒバリ/Reveillark》にブロックされ、《モグの狂信者/Mogg Fanatic》と《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が場に戻ってくる。そして、その返しで《神の怒り/Wrath of God》で場を一掃される。

そして、きれいに掃除された場に登場し、すべてを決定づけたのが《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》の三枚目だった。

山本 1-1 藤本

Game 3

そして運命の3本目。藤本は先攻だがテイクマリガンせざるをえない苦しい展開。そして、またしても緑マナがないハンドをダブルマリガンせざるをえず・・・キープした5枚のハンドは全部土地だった。こうして、藤本の戦いは、はじまる前に終わってしまった。

一方、山本は順調に1ターン目に《運命の大立者/Figure of Destiny》召喚から2ターン目に《風立ての高地/Windbrisk Heights》セット。一気にゲームを決めにかかった。

一応《変わり谷/Mutavault》でアタックしてみる藤本だが、場にクリーチャーを出せない。苦しい。そうこうするうちに山本の場には《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》まで登場し、2体目の《運命の大立者/Figure of Destiny》と《モグの狂信者/Mogg Fanatic》が追加された。こうして、勝者と敗者が決まった。

山本 2-1 藤本

ベストエイト記念撮影にて、山本 明聖

ここで日本人対決を制した山本 明聖は、次の最終戦で暴走特急LSVと笑顔で握手。
めでたくプロツアー京都2009で決勝ラウンド進出を果たした!

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator