column

ラウンド 12: 藤田修 vs. 野瀬恒二

  • Print
Author Image

藤田
3 敗ラインの、ベスト 8 がもしかしたらぎりぎり狙えるかもしれないラインで対決する藤田と野瀬。

今回の 2 人のデッキは、オリジナルの藤田赤緑と野瀬のサイカトグ。

Game 1

藤田のデッキにとって、相性の良い野瀬のサイカトグデッキ。

先手を取った藤田は、軽快に《モグの狂信者/Mogg Fanatic》に《怨恨/Rancor》を付けて攻撃や、《樹上の村/Treetop Village》も使用してのしっかりとした戦線を構築。

野瀬も必死に《燻し/Smother》なので除去はするのだが、《怨恨》は手札に戻るので、なかなかしゃれにならない状況が続き、最後に無理矢理《激動/Upheaval》をキャストしてにげようとするが、返すターンに藤田が《炎の印章/Seal of Fire》をおいたころでゲーム終了。

藤田 1 - 0 野瀬

Game 2

野瀬
サイカトグがきついパターンで一気に 1 本目取られる事になったが、今回はさくっと野瀬が逆襲を決める。

2 ターン目、《蓄積した知識/Accumulated Knowledge
3 ターン目、《サイカトグ》
4 ターン目、《嘘か真か/Fact or Fiction
5 ターン目、《サイカトグ》で《不可思議/Wonder》を捨て、そのまま《噴出/Gush》を撃つことによって、致死ダメージをたたき出して終了。

藤田 1 - 1 野瀬

Game 3

仕切り直して 3 本目。

序盤は藤田の軽いクリーチャー陣が先行するが、 2 枚で土地が止まってしまい、野瀬が 3 ターン目に出してきた《サイカトグ》を乗り越えることが出来ないでいる。

野瀬はここから《嘘か真か》で手札を伸ばし、再び《激動》抜きのサイカパンチの為にじっくり手札を貯める。

だが藤田の布陣が時間を追うほど拡大してゆき、手のつけられないところまで展開したlクリーチャーは一気に野瀬に襲い掛かり、《炎の印章》でぴったり野瀬のライフは 0 。

ビートダウン対サイカトグ対決はビートダウンの勝利。

Final Result : 藤田 2 - 1 野瀬

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator