column

ラウンド 14: Lee Ji-Hoon vs. Kang Jisang

  • Print
Author Image

GB Reanimate Control vs. UBG Aluren

はるばる広島までやってきた韓国人軍団の中から Lee Ji-Hoon と Kang Jisang が Feature された 14 回戦。勝てばどちらかが抜ける状態でマッチアップされてしまうのは不運とよぶべきか。あるいは、片方は必ず決勝へ通るので...これは幸運なのだろうか?

Game 1

Lee は《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》 1 枚だけだが《納墓/Entomb》と《吸血の教示者/Vampiric Tutor》が 2 枚有るためにスタートした。

1 ターン目《納墓》。 2 ターン目《吸血の教示者/Vampiric Tutor》と流れ、 3 ターン目には《戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful》を出した Lee だったが、 Kang の《生ける願い/Living Wish》から持ってきた《金粉のドレイク/Gilded Drake》でこれを盗られてしまい、一転してピンチとなってしまう。

《陰謀団式療法/Cabal Therapy》が打たれたため、これをフラッシュバックさせない様に《金粉のドレイク》を殺した Kang だったが、...これがなんと《再活性/Reanimate》されてしまう。

かくて《ヴィザラ》はLee の元に戻ったわけだが、それを更に 3 ターン目と同じ動きで奪い返すと...《吸血の教示者》と《再活性》でライフの減った Lee は投了を宣言することとなった。

Lee 0 - 1 Kang

Game 2

またも3 ターン目に《戦慄をなす者ヴィザラ》降臨。
Kang も全く同じ行動で返した...様に見えたが今度は違った。

《金粉のドレイク》が場に出ると同時に《燻し/Smother》がキャストされて交換不成立となり... 5 / 5 Flying の凶悪なクリーチャーが無事に生き延びたのである。

もう 1 枚《生ける願い》願いがハンドにある Kang だったが、先程の光景が脳裏にちらついているのだろうか? 次ターンの《魔の魅惑/Aluren》を引いたときに一発で決められる様に《魂の管理人/Soul Warden》を指定した。

だが、そんな Kang の思惑をよそに《吸血の教示者》から《陰謀団式療法》で《ワタリガラスの使い魔/Raven Familiar》と《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》を叩き落として Lee が大きく勝利へと前進した。

しかし、Kang も《吸血の教示者》から《顔なしの解体者/Faceless Butcher》を指定して残りライフ 5 からの逆転を狙う。

場には何も無く、手札は《納墓》のみ。そして、ライフは 7。
追いつめられた Lee は《ドルイドの誓い/Oath of Druids》を引いてきて...ライフが 3 となったアップキープにこれを起動。

これで出てきたのが《顔なしの解体者》で...ターゲットを《顔なしの解体者》に指定。《戦慄をなす者ヴィザラ》が Lee の元に戻り、 Kang のライフは 0 となった。

Kang は 2 枚の《真鍮の都/City of Brass》を引いてしまいそれが一番のダメージ源だった...。

Lee 1 -1 Kang

Game 3

3 本目は淡々と進み、 4 ターン目にあっさりと《魔の魅惑/Aluren》のコンボが決まる。

かくて、Kang Jisangが韓国人で初めての日本 GP Best 8 進出をはたした。

Final Result : Kang Jisang

Lee Ji-Hoon
BG Reanimate Control

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator