column

ラウンド 5: 中村聡 vs. 信下淳

  • Print
Author Image

Turbo Land vs. 黒緑リアニメートコントロール。

Zvi がグランプリで優勝した事により日本でも使う人が増えた Turbo Land だが、日本で Turbo Land と言えばこの人 N AC こと中村聡。

一方、相性的には《汚染/Contamination》と《冥界のスピリット/Nether Spirit》を決めるくらいしか、勝ち手段が無い信下。

今日が誕生日だと言う中村と明日が誕生日だと言う信下だが、どちらに勝利の女神は微笑むだろうか?

ちなみに、業の鉄人と呼ばれていた者同士のマッチアップだったりも。

Game 1

中村が《森》《森》と置いているところで信下が 2 ターン目に《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で何を指定するかと思えば、なんと《時間のねじれ/Time Warp》。...しかも、実際に中村のハンドには 2 枚も有るという驚愕のプレイをする(理由は中村のキャラだからと言うなんとも凄い考えだ...。)

次のターンには《破滅的な行為/Pernicious Deed》を出して中村の《ドルイドの誓い/Oath of Druids》を牽制しつつ、さらに次のターンに《獣群の呼び声/Call of the Herd》をキャストして《樹上の村/Treetop Village》と共に中村を攻め立てる。

その間中村は《直観/Intuition》からの《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》で手札を補充しつつ逆転への一手を模索していった。

4 枚目の《蓄積した知識》を打った所にあった《転覆/Capsize》をバイバックでトークンにキャストすると...信下がたまらず《破滅的な行為》を起動。倍バックはならず。

ここまででライフに差は付いたものの、盤面上の不利は一気に解消されたこととなり、中村はカウンターを残しながら《踏査/Exploration》《ドルイドの誓い》と一気に出した。

さらに中村が《どん欲の角笛/Horn of Greed》を出すと膠着状態となり、信下が《樹上の村》をようやく引いても《一瞬の平和/Moment's Peace》でかわされてしまう...という、どうにもならない状態になってしまう。

ここで中村が《巻物棚/Scroll Rack》を引いて 5 枚交換すると、ここで《戦場のたかり屋/Battlefield Scrounger》を入手。序盤に落とされた《時間のねじれ》をライブラリーに戻し、それを《直観》からハンドに。

このループが《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》によって永久循環することを確認すると、信下は投了を宣言した。

中村 1- 0 信下

Game 2

中村は 1 回マリガンするが、そこそこの良いハンドでスタート。
対して先攻信下は 1 ランドでスタート。

事故の心配も有ったが...無事 2 枚目の土地も引き、 1 枚目の《陰謀団式療法》は外すが 2 枚目の《陰謀団式療法》でキーパーツの《どん欲の角笛》を落として好調に動く信下。

中村も《巻物棚》、《踏査》と動き自体は良いのだが、いかんせん手札が 2 枚しか無い。つまり、ここで《破滅的な行為》が貼られようものなら一気にピンチになるはずなのだが...信下もその《行為》を引けずにいた。

《陰謀団式療法》しか引け無い上に、指定カードは《巻物棚》でかわされる始末である。

カウンターが無いのを確認して《汚染》を貼ろうとしても、《噴出/Gush》から引いてきた《対抗呪文/Counterspell》でカウンターされてしまうという悪循環で、何も出来ない信下。

手札に《ドルイドの誓い》が有るためクリーチャーもキャスト出来ないし、唯一の勝ち手段とも言える《汚染》と《冥界のスピリット》のコンボも《クローサ流再利用》で封じられてしまい...

中村の《時間のねじれ》が循環していく所をしかめっ面で見守るしかなかったのだった...。

Final Results: 中村聡 Win

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator