column

準々決勝: 田淵厚志 vs. 桧垣貴生

  • Print
Author Image

桧垣
GB リアニメイトと 茶単。
相性は桧垣の茶単が有利なのは見てのとおり。

この相性差を覆す展開は待っているのだろうか。

Game 1

先手田淵のマリガンから《強迫/Duress》で、桧垣の唯一の《厳かなモノリス/Grim Monolith》を落とし、桧垣の手札は《マスティコア/Masticore》 2 枚、《天才のひらめき/Stroke of Genius》 2 枚と悲惨な手札に。

だが桧垣はトップからあっさりと《厳かなモノリス》を引き当て、そのまま《天才のひらめき》へと繋げてデッキが始動。

後に桧垣が出す《通電式キー/Voltaic Key》を《破滅的な行為/Pernicious Deed》などで流したりするのだが、次ターンに桧垣が《激動/Upheaval》を発動。

そこからはもうやりたい放題の桧垣。

《ミシュラのらせん/Mishra's Helix》で田淵を縛り、《マスティコア》でじわじわ 5 ターンかけて、 1 本目は桧垣が先取。

田淵 0 - 1 桧垣

Game 2

再びマリガンをした田淵は《破滅的な行為》と《陰謀団式療法/Cabal Therapy》の連打で桧垣のリソースをぼろぼろにしていくが、なんとか引いた《スランの発電機/Thran Dynamo》を出し、《激動》で一度場を平らに。

田淵
田淵は先程《納墓/Entomb》で落とした《冥界のスピリット/Nether Spirit》でちまちま殴り、おまけに《幻影のニショーバ/Phantom Nishoba》まで《再活性/Reanimate》で釣り上げ、もう一度攻めの体制を整えるのだが、桧垣は《天才のひらめき》から《激動》を再キャスト。

そこから《スランの発電機》を 2 枚介入させた後から《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》で Pey 5 Life 。

これで桧垣の勝利かと思われたが、なんとか《破滅的な行為》を再び通す田淵。

だが、もちろんこれは決定打とならない。
桧垣、 3 度《激動》をキャスト。

現在、田淵と桧垣双方のライフが 5 で、田淵には《冥界のスピリット》がいる状態。

そこへ桧垣は Pey 3 Life で《ファイレクシアの処理装置》を再キャストと、余ったマナでトークンをそのまま製造。

田淵は頑張って《冥界のスピリット》をブロッカーに使って耐えるのだが、後 3 ターン後にはミニオントークンに殴り倒される事になった。

Final Result : 田淵 0 - 2 桧垣

Tabuchi Atsushi
Tottori-Sakyu Reanimate

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator