column

準々決勝: 藤田剛史 vs. 東大陽

  • Print
Author Image

Burn vs. Eternal Wind ( Enchantress-Combo Deck )

相性で言えば圧倒的に東が有利と言えるが、相手は日本人で唯一プロツアー準優勝を果たしている藤田御大。大舞台でのプレッシャー慣れがない東は思わぬミスが出るかも知れない。

ちなみに、藤田と東は予選ラウンドで一回当たり、その時はメインから入っている《プロパガンダ/Propaganda》の効果が絶大で東の勝利となったそうだが準々決勝の今回はどうなるだろうか?

Game 1

東は《踏査/Exploration》や《肥沃な大地/Fertile Ground》の好ハンドでランドもしっかり有る状態でスタート。対して藤田はこのマッチアップで一番重要となるであろう 1 ターン目から殴れるクリーチャーを引くために 3 回のマリガンをした。

たった4 枚という藤田の初手には《ジャッカルの仔/Jackal Pup》《モグの狂信者/Mogg Fanatic》《山》《リシャーダの港/Rishadan Port》と信じられないハンドが入った。

だが、東のハンドも素晴らしい内容だった。

《肥沃な大地》から《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》と《踏査/Exploration》をどんどん貼っていき、ランドが 3 回セット出来て、エンチャントを出すたびに 4 枚引ける状態に...

藤田は投了を宣言した。

-Sideboarding-

《気流の言葉/Words of Wind》を《プロパガンダ》に変えた東。

《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》 3 と《呪われた巻物/Cursed Scroll》 3 を《湯焼/Scald》と《略奪/Pillage》に変えた藤田。

Game 2

《山》が 1 枚も無いハンドでどうしようも無い藤田は、ここでも 1 マリガンして開始。《ジャッカルの仔》や《ウルザの激怒/Urza's Rage》が有り、そこそこのハンドと言えるがこの相性差をひっくり返すにはやや物足りないか?

対する東のハンドは《フェアリーの大群/Cloud of Faeries》と《交易路/Trade Routes》とランド 5 枚だけで、先程に比べれば余り良くない。

2 ターン目から《ジャッカルの仔》で殴られ、ブロッカーの《フェアリーの大群》を焼かれた上に《リシャーダの港》でマナを縛られる東。しかし、ここからの引きが凄かった。

にやりとして《女魔術師の存在》を引くと、《踏査》、《繁茂/Wild Growth》と連続でトップデッキ東。後はエンチャントを置くたびに引いてくる土地をセットし《踏査》をキャスト...これを繰り返しつつ、《大あわての捜索/Frantic Search》で《繁茂》が 2 枚付いた《森》と《肥沃な大地》が付いた《森》と《島》をアンタップ...

そのまま藤田は投了した。

Final Results : 東大陽 wins

Fujita Tsuyoshi
Burn

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator