column

準決勝: 康志相 vs. 藤田修

  • Print
Author Image

Game 1

藤田は 1 マリガンからスタート。

そのせいか赤マナが止まってしまい手札 5 枚が真っ赤と言う最悪の状態になってしまう。対して康は《渦巻く知識/Brainstorm》からのフェッチランド起動を 2 回繰り返し手札を整えて行く。

一応《呪われた巻物/Cursed Scroll》はあるが...手札は 3 枚で、このターンに赤マナを引かないと《魔の魅惑/Aluren》が決まってしまう状態まで行くと、ようやく《山》を引いて《炎の印章/Seal of Fire》を置くことによってコンボの成立をぎりぎりで防いだ。

その後はまず康が《生ける願い/Living Wish》で《起源/Genesis》を手札に入れて未来に備えると藤田も《炎の印章》の 2 枚目を置いてコンボの成立を完全にくい止めようとする。均衡状態が続く中で藤田の《呪われた巻物》がゆっくりと康のライフを削っていく。

しかし、康が《直観/Intuition》から《生ける願い》を選択して《アカデミーの学長/Academy Rector》を持ってくると...《陰謀団式療法/Cabal Therapy》をキャストした後のフラッシュバックでこれをサクリファイスして、《破滅的な行為》を場に投入!

藤田の《呪われた巻物》と《炎の印章》を流して場を一掃した。

《起源》に加え《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》を出して、手札には《魔の魅惑》と次のターンにも決まりそうな場を作った康だったが次ターン藤田の引きに驚愕する。

ドローはなんと《呪われた巻物》で残り 9 のライフをどうやっても 5 ターンで削られる状態となり、苦悶の表情を浮かべた康だった。

次ターン《魔の魅惑》キャストで《ワイアウッドの野人》が殺されて死を 1 ターン先に延ばすが、《樹上の村/Treetop Village》 2 枚が場に出ている為に《起源》によるアタックも出来ない康はターンを返すのみだった。

康の残りライフが 5 となった所でドローしたのが《炎の印章》で、場には《モグの狂信者/Mogg Fanatic》と《呪われた巻物》が有り、藤田は勝ちを確信してしまったのか《呪われた巻物》 > 《モグの狂信者》 > 《炎の印章》と連続で使い、康の敗北かと思われた所で康が動いた。

《炎の印章》のレスポンスで《魂の管理人/Soul Warden》 > 《極楽鳥/Birds of Paradise》と出してライフを 1 点だけ残した康。手札に《ワイアウッドの野人》が有るために《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》を引けば勝つ状態にはなったが、それ以外の何かを引くと次のターンに死んでしまう。

注目のドローは《直観》! 指定は当然《洞窟のハーピー》 × 3 でコンボの決まった康は勝利を収めた。メインに動かないずに相手のエンドで動いていれば、最低でも負けは免れたはずだった藤田はガックリと肩を落とした...。

康 1 - 0 藤田

Game 2

藤田の手札はクリーチャーが 2 体に火力と揃っており良い手札と言えるのに対して康のハンドは土地 6 枚に《ワタリガラスの使い魔/Raven Familiar》と今一つ冴えない。

3 ターン目まで何も引かず、《怨恨/Rancor》が付いた《モグの狂信者》に殴られ続けた康だったが、《直観》を使って《破滅的な行為》を持ってき、場を一掃した。一応ライフは 6 残っているのだが康の手札には《ワタリガラスの使い魔》しか無いためこのまま押し切られる事も考えられる。

使い魔で見た 3 枚は《陰謀団式療法》《渦巻く知識》《洞窟のハーピー》で《渦巻く知識》を選択しターンを返す康。

《渦巻く知識》を打つが何も無く《リバー・ボア/River Boa》でアタックされフェッチを使って残り 3 となった。康は仕方なく《魔の魅惑》をキャストするが逆に《ジャッカルの仔/Jackal Pup》が出てきた為に投了を宣言した。

康 1- 1 藤田

Game 3

注目の 3 本目初手は、康の手には《ヒッコリーの植林地/Hickory Woodlot》《森》《極楽鳥》と有るのだが他の土地は無く、手札と土地が全く噛み合っていない中スタート。対して藤田は土地がやや多い位で 1 ターン目から動けるハンドなので勿論これをキープ。

1 ターン目の《極楽鳥》こそ《モグの狂信者》で殺されてしまったが、順調に黒マナを引いて《破滅的な行為》を置くと、先に場的優位になったのが康だった。

《ジャッカルの仔》と《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》が並ぶ《ジャッカルの仔》がアタックした後に《破滅的な行為》起動から《吸血の教示者/Vampiric Tutor》と良い感じにデッキが回ってきた。

だが藤田も負けていない《魔の魅惑》が出ると即座に《帰化/Naturalize》でたたき壊した後に《モグの狂信者》を展開して、場には《樹上の村》が 2 枚ともう少しで康に止めを刺す体勢となる。 ( 康のライフ残り 12 )

《ワタリガラスの使い魔》のアップキープを払い、次のターンに緑マナを引き《魔の魅惑》 > 《洞窟のハーピー》と出して決めるプランを立てた康だったが、使い魔を《炎の稲妻/Firebolt》で殺されてプランが破綻して《樹上の村》と《モグの狂信者》のアタックで 8 になってしまい一気に追い込まれる形となった。
藤田が《呪われた巻物》をキャストして、ターンを返すと最後の望を賭けて《直観》をキャストした。

長考の後に選んだ 3 枚は《ワタリガラスの使い魔》 × 2 《ワイアウッドの野人》、藤田は《ワイアウッドの野人》を康へと渡してターンを返した。

ターンが戻ってきた康の状態はマナが緑 1 黒 1 青 2 で手札に《ワイアウッドの野人》《洞窟のハーピー》《陰謀団式療法》《魔の魅惑》

最後に《森》を引いて《陰謀団式療法》をキャストし、なおかつ《帰化》を当てられたとしても、出てきた《ワイアウッドの野人》を《呪われた巻物》で殺されてしまう。

はっきり言ってどうしようも無い状況に陥った康のドローは《吸血の教示者》...何もせずにターンを返し藤田の攻撃をその身に受けた。

藤田は自身 3 度目、個人戦では初となる GP Final へと駒を進める事になった。

Final Results: 藤田修 Win

Fujita Osamu
Two Deuce

Main Deck

60 cards

Forest
Karplusan Forest
Mountain
Treetop Village
Wooded Foothills

24 lands

Grim Lavamancer
Jackal Pup
Mogg Fanatic
River Boa
Wild Mongrel

20 creatures

Cursed Scroll
Firebolt
Rancor
Seal of Fire

16 other spells

Sideboard
Blood Oath
Flametongue Kavu
Moment's Peace
Naturalize
Ravenous Baloth

15 sideboard cards


  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator