column

準決勝: 東太陽 vs. 桧垣貴生

  • Print
Author Image

ここにも 1 人のアマチュアプレイヤーが登場する。
現時点で 2 位までのアマチュア賞金が保証され、後は日本 GP 名物のアマチュアプレイヤー優勝を目指すのみとなった、東太陽。

桧垣はベテランの意地に賭けてもこの試合に勝利しなければならない 1 戦。

勝負の行方は如何に。

Game 1

桧垣
先手桧垣は《裏切り者の都/City of Traitors》から《厳かなモノリス/Grim Monolith》、 2 ターン目にも《厳かなモノリス》を張って、《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》で Pey 10 Life を宣言。

これで勝負が決まるかと思ったが、東が奇声を張り上げてライブラリからカードをドロー。

そこからエンチャントレスサイクルが発動。

東の初手の癌であった青マナを、《肥沃な大地/Fertile Ground》をドローした事によりその穴を埋め、《アルゴスの女魔術師/Argothian Enchantress》、《繁茂/Wild Growth》《肥沃な大地》、《大あわての捜索/Frantic Search》とデッキが回りだす。

十分なマナが確保されてから、さらに《アルゴスの女魔術師》をキャストし、ドローエンジンを固めた所でエンド。

桧垣が攻撃し、そのミニオントークンで《アルゴスの女魔術師》をブロックに使わせる事が出来たが、返す東のターンに再び《大あわての捜索》をドローし、デッキが回転を始め、《気流の言葉/Words of Wind》を張った時点で桧垣が投了を宣言。

正にコンボデッキと言う動きをまざまざと見せ付けられた 1 本目が終了

東 1 - 0 桧垣

Game 2

再び先手は桧垣。
比較的ゆっくりとした展開から、東のデッキが動きそうな雰囲気を見計らって、《からみつく鉄線/Tangle Wire》と《金属細工師/Metalworker》をキャスト。
それも《大あわての捜索》の前には通じず、結果として東の場には大した影響を及ぼすことが出来ない。

だがこのターンにコンボを完成させれ事が出来なかった東は、桧垣に更なる反撃を許すこととなる。

《ミシュラのらせん/Mishra's Helix》を《修繕/Tinker》で持ってくる桧垣。
これで更に東のマナを絞る作戦に出た。

この作戦も《大あわての捜索》の前には無力なのだが、所詮 4 枚しか入ってないカード。
これで東の動きが止まってしまった。

その間に桧垣はゆっくりとマナを貯め、一度東のマナが広がりきったところで《激動/Upheaval》を撃って、アーティファクトマナを再キャスト。

ここから東も再展開し、エンチャントを少し並べた後に、《セラの聖域/Serra's Sanctum》から《浄化の印章/Seal of Cleansing》をキャスト。

これを見た桧垣は、先程より多めにマナを余らせて《激動》を再キャスト。

今回は大量のマナがあるので、大量のマナアーティファクトと、《ミシュラのらせん》を再キャストし、また先程と同じようにゲームが再開。

ここから再び桧垣のマナを縛る生活が始まる。

そして 3 度お目見えとなる《浄化の印章》。
これを直ぐには使わず、じっくりと機を待ち、そこから 5 ターン後にやっと東が《浄化の印章》を使って、《ミシュラのらせん》を破壊する。

そこから死のサイクルが一気に動き出す。

桧垣が《リシャーダの港/Rishadan Port》でマナを 2 度縛るが、これはしっかり《大あわての捜索》で回避され、そのまま《フェアリーの大群/Cloud of Faeries》から増えたマナを使って...

日本 GP アマチュアジンクスは何時まで続くのだろうか?
この後、 10 分後から決勝戦が開始される。

Final Result : 東 2 - 0 桧垣

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator