column

阿南 剛 vs. 矢野 雄也

ラウンド 2

  • Print
Author Image

 GP 岡山ラウンド 2 のフィーチャーマッチは、既に PTQ で PT 神戸の参加権利を獲得している阿南(リアニメイト)と、マルカデスを操る矢野との対決。

阿南はマジックオンライン上で日本人のプロプレイヤーの多くが「Go Anan is the Best Player」だとか「Go Anan>Kai Budde>Jon Finkel」といったようなことをコメント欄やプロフィール欄にひたすら記載しているために海外勢のオンライン・ジャンキーにも名前を知られていたりする。はたして、Anan Goはどのような活躍をここで見せてくれるだろうか。

Game 1

 先手阿南。

 去年の年末に行われた Finals でも使用していたリアニメイトデッキを今回も使用し、使い慣れた動きで 1 ターン目に《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》をセット。
 そのまま 2 ターン目のアップキープに《吸血の教示者/Vampiric Tutor》、3 ターン目にも再び《吸血の教示者》とキャストし、《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》を《死体発掘/Exhume》。

 《悪魔の布告/Diabolic Edict》も《朽ちゆくインプ》で大丈夫と、安心して攻撃を開始する。

 対する矢野。
 
 土地不足の手札をキープし、《吸血の教示者》で沼をライブラリの上に用意する所からスタートし、《陰謀団式療法/Cabal Therapy》等で反撃の意思を見せるが、マナが揃わず、抵抗の手段を持てないまま投了。

阿南 1 - 0 矢野

Game 2

 先手を取った矢野は、 1 ターン目に《強迫/Duress》を打ち、阿南から《再活性/Reanimate》を抜き去る。

 そのまま、今回はマナをしっかり手に入れることが出来、 3 ターン目に《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》、4 ターン目に《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》、5 ターン目に《魂売り/Spiritmonger》と順調に展開。

 対する阿南、《再活性》を落とされ、《朽ちゆくインプ》を出してコンボの用意をするが、何も有効カードを引く事が出来なかったのか、抵抗の姿勢を見せる事無く、阿南のライフは 0 となった。

阿南 1 - 1 矢野

Game 3

 今回は後手の矢野が 1 ターン目に《強迫》を撃つと、阿南がそれに合わせて《俗世の教示者/Worldly Tutor》を撃って《怒りの天使アクローマ》を用意し、開いた手には《死体発掘》が 2 枚に、《再活性》、《朽ちゆくインプ》と、矢野の表情が曇る。

 とりあえず《再活性》を抜き去り、 2 ターン目に突然攻撃される事を防いだ矢野だが、後に起こる事態に対し、抵抗する術も持たないでいる。

 そんななりゆきを眺めつつ、ゲームを進める阿南は、落ち着いて《朽ちゆくインプ》を出し、《怒りの天使アクローマ》を捨て、次のターンに《死体発掘》を使って、矢野をそのまま押し切った。

Final Result : 阿南 2 - 1 矢野



  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator