column

熱田 直央 vs. 三原 槙仁

ラウンド 7:

  • Print
Author Image

 試合は進み、残す所 2 回戦となった本日の予選ラウンド。

 ここでフィーチャーマッチに呼ばれたのは、最近、好成績を収める上り調子と熱田と、先月行われた Finals 2003 で準優勝を収めた三原。ともに2003年度日本選手権で決勝ラウンドに進出している猛者である。

 今回の 2 人のデッキは、同じサイカトグデッキであるが、内容は 2 人とも世間で知られる物とは少し違う。

 熱田の操るサイカトグは、かの佐野文彦作のものであり、《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》のモードを切って《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を搭載し、動きの速いデッキに対応したバージョンである。佐野の独特の作風が伺えるデッキになっている。

 対する三原は、少し旧型のイメージがする《等時の王笏/Isochron Scepter》+《火+氷/Fire/Ice》コンボを搭載したサイカトグである。

Game 1

 先手熱田。

 互いに順調に土地を並べ、先に動いたのは熱田。

 《狡猾な願い/Cunning Wish》を撃ち、それを三原にカウンターさせ、その返しで《サイカトグ/Psychatog》をキャスト。

 さらりと優位を築く熱田に対し、三原は少し手を変え、どんどんスペルをキャストして攻める形へ。三原は《サイカトグ》を通し、お互いのドロースペルの応酬を経て、さらに三原は《嘘か真か/Fact or Fiction》を通していく。

 2 度目の《嘘か真か》を通したところで三原が攻撃に移り、一気にサイカトグを巨大化させて熱田のライフを奪い去った。

熱田 0 - 1 三原

Game 2

 熱田、先手三原の《等時の王笏》、《サイカトグ》を連続してカウンターするが、島 2 枚で土地がストップ。

 しかし、三原がその段階で持っていた主要カードはすべてカウンターしきったようで、熱田はマナを引きあてるまでの猶予時間をもらい、《嘘か真か》からマナと手札を伸ばしていく。

 さて、ここからがサイカトグ対決は長い。

 相手のカウンターを警戒しつつ、ゆっくりとゲームが進み、互いに隙を見つつ魔法を打ち合う。

 そこで抜け目なく熱田が《嘘か真か》を通して三原に大きな差をつけ、三原が抵抗するスペルを全てカウンター仕切り、サイカトグで殴りきったのだった。

熱田 1 - 1 三原

Game 3

 既に残り時間が 8 分を切り、ハイスピードでゲームが進む。

 三原が《等時の王笏》で《対抗呪文/Counterspell》を刻印すれば、返す熱田は《火薬樽/Powder Keg》で対抗。

 三原がメインで《嘘か真か》を撃てば、熱田も同じくメインに《嘘か真か》を。

 そうこうしていると、制限時間が終了し、追加 5 ターンに。

 勝負をかける熱田。

 《狡猾な願い/Cunning Wish》から《枯渇/Mana Short》を入手し、カウンター合戦を展開。

 しかし、この応酬に熱田は敗れてしまい、三原が引き分けの為の《狡猾な願い》をプレイ。サイドボードからの《枯渇》を決め、勝負は引き分けとなった。

Final Result :引き分け



  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator