column

石田 格 vs. 浅原 晃

準決勝:

  • Print
Author Image

 準決勝までコマを進めた、石田と浅原。

 少しこの 2 人の経歴を振り返って見れば、石田も浅原も Finals の優勝者と、語る事もないであろう実力者である事は証明されている。

 デッキ相性だが、石田の勝ち手段がダメージである事を考えると、やはり浅原有利かと石田本人は語っていたが、どんな結果に終わるのだろうか。

Game 1

 先攻をダイスロールで石田が獲得し、浅原のマリガンからゲームが開始。

 まず石田、《地底の大河/Underground River》をセットし、浅原のターンエンドに《吸血の教示者/Vampiric Tutor》をキャスト。
 そのまま石田のメインステップに移り、自身に《陰謀団式療法/Cabal Therapy》を撃ち、名前指定を《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》と指定。

 これによって墓地へ送り込まれた《怒りの天使アクローマ》を、《再活性/Reanimate》によって場に放ち、 2 ターン目に 6/6 の速攻クリーチャーを攻撃させる。

 この成り行きを眺めていた浅原は、落ち着いて《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》を撃ち、《コーの遊牧民/Nomad en-Kor》を手に入れ、そのターンは場に《特別工作班/Task Force》をキャスト。

 この感じだと、あと手札に《価値ある理由/Worthy Cause》があると、次のターンにはコンボが成立してしまい、石田が勝ちきる手段が断たれてしまう。

 さて、この状況を打開するには ?

 石田のメインステップに移り、彼は《入念な研究/Careful Study》をキャスト。するとそこには《幻影のニショーバ》の姿が。

 これを《入念な研究》の能力でおもむろに捨て、そのまま《死体発掘/Exhume》で《幻影のニショーバ》を拾い上げ、流れるようにこれを生贄に捧げて《陰謀団式療法》をフラッシュバック。

 無事、《コーの遊牧民》を取り除き、事なきを得た石田はそのまま浅原のライフを 0 とした。

石田 1 - 0 浅原

Game 2

 正にギリギリの攻防。
 浅原のコンボを本当の直前で防ぎ、事なきを得た石田。

 だが今回はと、浅原先手でゲームは開始する。

 後手 1 ターン目に石田が《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》をキャストし、浅原は《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》で、《ダールの降霊者/Daru Spiritualist》を手にいれる。

 そのまま《ダールの降霊者》を場に放ち、ターンを終了すると、石田が《吸血の教示者/Vampiric Tutor》をキャストし、これによって用意したのは《強迫》。

 まず《強迫》を撃って浅原の手から《価値ある理由》を落とし、そこに見えた《アカデミーの学長/Academy Rector》を《陰謀団式療法》でディスカード。
 安全確認を済ませ、《朽ちゆくインプ》の能力で《怒りの天使アクローマ》をディスカードし、それを《再活性》してみせた!

 手札を使いきり、やれる事はやった石田。

 あと残り 2 ターンの間、浅原に何も引かれない事を祈りつつ、天使に希望を託した石田。
 
 そして運命の 2 ターンの間に、浅原はコンボを完成させる事が出来なかった。

Final Result : 石田 2 - 0 浅原

Itaru Ishida
Reanimate



  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator