column

フォースドラフト:石原準

  • Print
Author Image

暫定順位14位。

二日目のファーストドラフトを見事四連勝で飾り、堂々の日本勢勝ち頭となっているのが若き石原。二日目全勝という奇跡のサブマリン大作戦が...そろそろ笑えなくなってきたのではないだろうか?

◆Pod

①Markus Joebstl
⑧David Brucker ②Fabio Reinhardt
⑦Joseph Crosby ③Scott Wills
⑥Christophe Haim ④Arjan van Leeuwen
⑤石原準

◆1st Pack

肝心要のファーストパック。
石原は5番手というポジションであるため、いかに周囲にカラーシグナルを発することが出来るかが課題といえるだろう。

結局

①:Red Mana:《解体するオーグ/Butcher Orgg
②:Black Mana:《残酷な蘇生/Cruel Revival
③:Red Mana:《火花鍛冶/Sparksmith
④:White Mana:《ダールの槍騎兵/Daru Lancer

という具合に上流が主張してきたのを受けて、

石原:Green Mana:《ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elf

と、緑を宣言。

②のパックでも《オーグ》に続いて《暴動/Insurrection》という赤いレアが出現してしまい、これが最初に定められたルールに従って③へ。ちなみに②は自分のパックの初手で《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》を選んでおり、Green ManaBlack Manaが実質的に確定。③は自分のパックから《上昇するエイヴン/Ascending Aven》をピックしたことでRed ManaBlue Mana宣言。④は自分のパックから《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier》をピックし、既存の Mana路線をより明確にアピール。一般的に考えると、二色目はRed ManaBlack Manaだろうか。

①:Red Mana
②:Green ManaBlack Mana
③:Red ManaBlue Mana
④:White Mana

ともあれ、上家の動向がだいぶわかりやすくなって来た。そして、

②のパックから《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian
③のパックから《スカークの猛士/Skirk Commando
④のパックから《神話的体形/Mythic Proportions
自分のパックから《うなるアンドラック/Snarling Undorak

とピックしたことで、石原は緑赤を明確に主張したのだった。

ただ、石原のパックからこぼれた《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》と、自パックから出た《うつろう爆発/Erratic Explosion》とをピックしたことで下家の⑤がBlack ManaRed Manaに。除去を含む二色、通称「王様カラー」をすぐ隣でやられてしまうのはやはり嫌なものである。

さらに、上家③も2色目に赤を選択してWhite ManaRed Manaを宣言。つまり、石原は上下と赤をとりあうことになってしまった。しかも、困ったことに下の下も白の補色に赤をチョイス...。

結局、各自が1st Packを開封し終えた段階で、

①Markus Joebstl:Red ManaBlue Mana
②Fabio Reinhardt:Green ManaBlack Mana
③Scott Wills:Red ManaBlue Mana
④Arjan van Leeuwen:Red ManaWhite Mana
⑤石原準:Red ManaGreen Mana
⑥Christophe Haim:Red ManaBlack Mana
⑦Joseph Crosby:Red ManaWhite Mana
⑧David Brucker :Green ManaBlack Mana

という配色が確認された。

最強と名高い赤を6人ものプレイヤーが選択するという構図になり、しかも石原は4人連続するうちの2番目というポジションを強いられることとなったのだ。

◆2nd Pack

返しの流れ。

ここで石原は⑧のパックから《霊気の突進/AEther Charge》、⑦のパックから《樹を跳ねるロリアン》、⑥のパックからは《ケンタウルスの庭園/Centaur Garden》...と、順調にピックを重ねた石原だったのだが、ここでちょっとした決断を強いられることとなった。

《とどろく蹄音/Thunder of Hooves
《狙いすましたなだれ》
《霧衣の天空裂き/Mistform Skyreaver
《樹皮革のやっかいもの/Barkhide Mauler

といったカードが自パックから出現したのである。

...石原は赤か緑かを悩んだ挙句、結局ここで《やっかいもの》をピック。そして、これが石原にとっては後々まで後悔の種となった。

ちなみに、《霧衣の天空裂き》は順当にRed ManaBlue Manaをやっている③番まで流れていき、最終的にここは《天空裂き》と《暴動》が搭載された上に《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》3枚というすさまじいデッキに仕上がることになる。

石原は結局2順目を《クローサの巨像/Krosan Colossus》、《樹を跳ねるロリアン》といったファッティたちを加えて終えることになる。

...このままでは除去なしデッキに...

◆3rd Pack

やはり、赤がまったくながれてこない。

自パックからの《火花鍛冶/Sparksmith》、上家が《疾風衣の侵略者》をとる代償としてこぼしてくれた《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》をなんとか鮮烈に加えたものの、除去らしい除去スペルがまったく取れずじまい。

ファッティはバカバカとれたのだが、一抹の不安を感じさせる仕上がりとなってしまったのだった。

Sideboard:今回のご自分のデッキへの評価はいかがでしょうか?
石原:ん~。正直こんな風になってしまうとは思ってませんでした。やっぱり間違えたかな。

SB:と、言いますと?
石原:はい。やっぱり2パック目で素直に《狙いすましたなだれ》でしたね。あと、全般的に赤への主張が弱かったかもしれません。ぅ~ん。つらい

SB:たしかに、赤は6人ものプレイヤーで取り合いになってしまっていました。しかし、このデッキにも有力な勝ちパターンが存在しているようにも思えます。
石原:そうですね。マナをしっかり確保した上で《ケンタウルスの庭園》とか《神話的体形》。あるいは、《ビースト》を召喚して4点ずつあてるとか(苦笑)

SB:ここまで絶好調でらっしゃるようですので、是非とも素晴らしいビートダウンを見せていただきたいものです。頑張ってください。
石原:そうですね。がんばります。

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator