column

ラウンド 4 : 岡本尋 vs. Zvi Mowshowitz

  • Print
Author Image

寡黙な岡本と喧しいZvi。好対照な実力者二人がスポットライトの下に招待されてのマッチを戦うこととなった。現在、どちらも2勝1敗であり、後々のことを考えると負けられない一戦だ。

Zvi:赤白
岡本:青赤

Game 1

開幕ターンに《映像の造形者/Imagecrafter》を展開した岡本。これが案外とダメージをたたき出してくれる。しかし、続けた《名も無き者/Nameless One》は即座に 《ショック/Shock》されてしまう。Zviは《変異/Morph》クリーチャーを裏向きに召喚し、そこに《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を追加した。

一方の岡本はここで《霧衣の壁/Mistform Wall》を展開。突撃してきた《変異/Morph》をブロック。しかし、この《変異/Morph》が2 ManaWhite ManaWhite Manaで《ダールの槍騎兵/Daru Lancer》となり、《ゴブリンのそり乗り》によって4/5 First Striker。《壁》をあっさりと破壊してみせるのだった。

そして、岡本の次なるクリーチャーは《現実を彫る者イクシドール/"Ixidor, Reality Sculptor" 》。Zviは《憤怒の冠/Crown of Fury》を纏わせて《ダールの槍騎兵》でアタックし、《ダールの騎兵/Daru Cavalier》を召喚して陣容を重厚なものへと。しかし、岡本はこれを《本質の裂け目/Essence Fracture》でダブルバウンスしてみせたのだった。

Zviはここで《アヴァラックス/Avarax》を召喚して応戦するのだが、これを《造形者》が《ウィザード》に種族変異させた上での《熱病の魔除け/Fever Charm》がなぎ払う。岡本は再召喚された裏向きの《ダールの槍騎兵》を《クローン/Clone》し、2枚の《締めつける綱/Choking Tethers》によってブロッカーを沈黙させ...淡々とダメージレースに勝利したのだった。

「こんなややこしいカード。復活させないでほしいよね」

これは、《現実を彫る者イクシドール》影響下で裏向きの《変異/Morph》をコピーした場合、はたして《クローン》は+1/+1ボーナスを得られるのか、ということを確認することとなったとき、岡本がもらした一言である。

ちなみに、《クローン》がボーナスを得ることは出来ない。

岡本 1-0

Game 2

 挽回せねば、と必死の形相のZvi。しかし、ロチェスターというフォーマットゆえに、岡本尋のデッキがいわゆるゴッドデッキであることを彼は既に知っているのである。

Zviの《ゴブリンのそり乗り》と岡本の《映像の造形者》が相打つたちあがりで、続く《変異/Morph》も素直に相打ちとなる。しかし、ここでZviのクリーチャー展開が一時的にストップしまい...そこに岡本は《変異/Morph》と《現実を彫る者イクシドール》と続けて、岡本は一気にビートダウン。

Zviもなんとか《草原の十字軍/Grassland Crusader》をブロッカーとして展開するのだが、これがまた《熱病の魔除け/Fever Charm》によってあっさりと突破されてしまう(+3/+0)。

立て続けに2枚の《変異/Morph》を展開してなんとか形成挽回をはかったZviだが、岡本は無常にも《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》から《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》を展開。さらに、ダメ押しとばかりに《本質の裂け目》と《締めつける綱》によってブロッカーを綺麗に排除し、ファーストドラフト最終戦を見事白星で飾って見せたのだった。

ところで、Gravy Trainerとしての岡本尋という人物を考えた場合、今大会は実に重要な意味を持ったイベントである。岡本はちょうど一年前のSandiegoで9位入賞を果たしており、これがマスターズ参戦の大きな原動力となっているのである。つまり、裏を返せば...Chicagoで勝てないと貯金が尽きてしまうのだ!

どうしても勝ちたい一戦。それをモノに出来たことの意義はとても大きかったのではないだろうか。

Final Result:岡本尋 2-0

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator