column

ラウンド 5 : 藤田剛史 vs. Zvi Mowshowitz

  • Print
Author Image

「プロツアー東京決勝戦の再戦」

そんなわけで、久々に因縁の対決がここにフューチャーされることとなった。藤田剛史のデッキは典型的な緑黒、一方のZviはファーストドラフトに続いての赤白である。ちなみに、二人ともすでに二敗を喫してしまっている者同士であり、まさしくこれは生存競争そのものというマッチアップでもある。

Game 1

緒戦におけるZviのストラテジーは完璧だった。《栄光の探求者/Glory Seeker》と《圧倒する防衛者/Daunting Defender》を2体ずつ展開してダメージレースで先行し、最後のトドメをさすべく《群集の寵児/Crowd Favorites》を召喚したのである。

藤田が戦線に投入した《ケンタウルスの庭園/Centaur Garden》というのも素晴らしいアドバンテージであるわけだったが、圧倒的なテンポの前には何もさせてもらえなかったのだった。

Zvi Mowshowitz 1-0

Game 2

お互いの除去が飛びかい、藤田剛史の場には《うなるアンドラック/Snarling Undorak》と《平和な心/Pacifism》をつけられた《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》が、Zvi Mowshowitzの側には《圧倒する防衛者/Daunting Defender》だけが生き残ることとなった。かくて、藤田有利ながらも、《アンドラック》と《防衛者》とが淡々と殴りあいを展開し始めたのだ。

これはZviのドローが芳しくなかったということも大きかったわけなのだが、それでも《神話的体形/Mythic Proportions》を即座に《啓蒙/Demystify》するなどして戦線は膠着を保っていたかのようだった。しかし、藤田が《帰化/Naturalize》を引き当てて《大牙獣》の野性を解放したことによって、Zvi Mowshowitzのライフは一瞬のうちに削り取られてしまうこととなった。

藤田剛史 1-1

Game 3

本来は速攻からのテンポアドバンテージで対戦相手を圧倒するはずの赤白デッキであるわけだが、この3本目でもZviは後手後手にまわらざるを得ない展開となってしまう。

藤田の3ターン目の《変異/Morph》を《ショック/Shock》。4ターン目に登場した《エルフの戦士/Elvish Warrior》も即座に《陽光の突風/Solar Blast》。しかし、続く《変異/Morph》と《うねるバジリスク/Serpentine Basilisk》を除去することがかなわず、《火花鍛冶/Sparksmith》をチャンプブロッカー然に展開することしかかなわない。

そして、弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。

藤田は《脅迫状/Blackmail》でZviのハンドを攻撃し、《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》、《群集の寵児/Crowd Favorites》、《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》という3枚から《寵児》を奪い取った。

そして、《変異/Morph》が《樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorian》であったため、《バジリスク》ごと《アクローマの復讐》で除去せざるを得なくなってしまい...マスデストラクションの脅威が去ったところで、藤田は怒涛の勢いでファッティたちを展開。

《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage
⇒《クローサの地鳴り獣/Krosan Groundshaker
⇒《うなるアンドラック/Snarling Undorak
⇒《クローサの大牙獣/Krosan Tusker

Zviも《圧倒する防衛者/Daunting Defender》2体をトップデッキしてきたことで戦線の再構築にあたりたかったのだが...さうがに圧倒的な質量に押し潰されてしまうこととなった。

「これ。奇跡。というか、デッキパワー的に正直マグレ」

かくて、リベンジなる。

Final Result:藤田剛史 2-1

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator