column

準決勝: Jon Finkel vs. Kai Budde

  • Print
Author Image

◆Pod

Eugene Harvey
William Jensen ★Jon Finkel
Nicolai Herzog Abraham Snepvangers
Fabio Reinhardt Kai Budde
Dustin Stern

7冠を視野に驚異的な強さで驀進するKai Buddeと、史上最多10度目のPro Tour Sunday出場を記録したJon Finkel。まさしく世界最高のマッチアップがついにプロツアー決勝ラウンドで実現したのだった。

かつて、「世界最強」というのはFinkelに冠されるための言葉だった。しかし、今やそれは間違いなくKai Buddeを修飾するための常套句となってしまっている。もちろん、Top 4進出を果たした段階でJonny Magicの復活は大いにアピールできているわけだが、Juggernautを直截下しての戴冠というストーリーに勝るものはないだろう。

そんなわけで、大観衆に見守られての準決勝戦となった。

Game 1

先手はJonny Magic、健闘を誓っての固い握手から試合は始まった。

Finkelが《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer》、《情報屋/Information Dealer》と展開したところに、Buddeは《変異/Morph》のクリーチャーを送り込む。そして、2 ManaRed Manaで不意に正体をあらわした《スカークの猛士/Skirk Commando》が《夢幻》を葬り去り、その返しに《情報屋》が《猛士の襲撃/Commando Raid》によってその《スカーク》を除去するという一幕となった。

そして、Buddeは《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》と《変異/Morph》で陣容を再編成。すると、Finkelは《変異/Morph》を《陽光の突風/Solar Blast》で、《鞘虫》を《脅しつけ/Threaten》で除去、と即応。ここでBuddeはハンドのクリーチャーが尽きてしまい、《焼けつく肉体/Searing Flesh》を叩き込むことしか出来なくなってしまった。

そして、黒赤ビートダウンの序盤攻勢を乗り切ったJonny Magicは《脅迫するオーガ/Menacing Ogre》を召喚。この5/5クリーチャーがFinkelに待望の先勝をもたらすこととなった。

Jon Finkel 1-0

Game 2

しかし、Finkelの見せ場はここまで、となってしまう。
本気になったJuggernautが...脅威のビートダウンを開始するからである。

《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator
《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk
《陰謀団の奴隷商人/Cabal Slaver
《腐敗を導く者/Shepherd of Rot

Buddeは次々と凶悪なビートダウンクリーチャーを展開しつつ、Finkelが最後の望みをこめて展開した《脅迫するオーガ》も《死の脈動/Death Pulse》であっさりと屠り...まさしく瞬殺してしまったのだった。

唯一観衆がわいた場面...それは、Buddeが《ショック/Shock》した《変異/Morph》のクリーチャーが《非凡な虚空魔道士/Voidmage Prodigy》だったことがわかった瞬間だった。

Kai Budde 1-1

Game 3

先手Finkelが3ターン目に展開した《変異/Morph》を即座に《ショック》し、《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》、《変異/Morph》と連続展開したKai Budde。エンジン全開のスタートだ。

一方のFinkelも《うつろう爆発/Erratic Explosion》で《切り刻まれた軍勢》を除去し、5ターン目には《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》を召喚して対抗。しかし、《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric》、《突進する石背獣/Charging Slateback》、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》、《針刺の殴り獣/Spined Basher》、《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》...と次々にアタッカーとダメージソースを引き当ててくる絶好調のBudde。

それでも...Finkelも《流水の長魚/Slipstream Eel》や《変異/Morph》を展開し、《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》からの総攻撃もなんとか《締めつける綱/Choking Tethers》で被害を小さくしようと善処した。

しかし...やはり、圧倒的な物量をどうしようもできないのだった。

Kai Budde 2-1

Game 4

絶好調のKai Buddeは後手ながら第2ターンに《火花鍛冶/Sparksmith》召喚というファーストアクション。Finkelもこれをサイクリングでの《陽光の突風/Solar Blast》で除去してみせたわけだが、Buddeのドローはまだまだこんなものではない。

ここで《腐敗を導く者》と《腐れ肺の再生術師》が連発され、Finkelも《ナントゥーコの鞘虫》を《変異/Morph》から表返らせた《非凡な虚空魔道士》によってカウンターしてみせたのだが...即座に2匹目の《鞘虫》が登場してしまい、追い討ちとばかりに《切り刻まれた軍勢》まで...

...やはり、いつ見ても日曜日のBuddeは異常だとしか表現しようがない。

かくて、王者Kai Buddeはその圧倒的な強さを「もっともわかりやすい形で」見せ付けることに成功したのだった。

Final Result:Kai Budde 3-1
ツアー7勝目まで...あとひとつ。

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator